fuku*puku ふくぷく ~手仕事つれづれ日記

遅々として進まない手仕事と、2男児'sとのどたばたな日々のキロク。手仕事はもっぱら刺しゅう、…かな。

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.29 Sun 未来についてフェアに考えよう ~パブリックコメント~


今回は絶対に刺しゅうネタにしようと思っていたし、本当は、「本館」に書くつもりでいた記事ですが、
締め切りが迫っているし、マスコミがなーんにも言わないので、ここに書きます。

自分がどうすればいいのか、なにをすればいいのかは、それぞれの考え方だと思っています。

ただ、私が 「すごく嫌だなぁ」 と思うことは、いろんなことの長所短所を公平に示さないで、
国民の考えを誘導するようなことをするマスコミと政府(官僚)。(あえて色変えてみた…)


要は、都合の悪いことは言わないでおく、っていうことが公然とまかり通っていること。
なので、この記事を書きました。

雲


<原発依存度について>

原発については、誰もが不安を抱いているし、実際、新規建設は難しいと思います。
今回、2030年に原発依存度「0%」「15%」「30%」という選択肢が提示されましたが、
日本人の「中庸を好む」精神から考えると、「15%」が一番多くなるのかな?と思います。
でも、ここに落とし穴があります。

「2030年に原発依存度15%」ということは、

新規に原発を建設するか、老朽原発をさらに延長しないと、

維持できない。


ということを、どのマスコミも報道しません。
今ある原発を、廃炉年限に従って廃炉にしていくと「15%」を維持できないのです。
15%以下になっちゃう。


もちろん、どの割合を支持するかは、各自の考え方だし、自分で決めることだと思います。
自分で決めた通りになるかどうかはともかく、だけど…。

とにかく、私がすごく嫌なのは、

「フェアでないこと」

ここに尽きるのです。

原発がどうこう、というのではないのです。
もちろん、私個人としては言いたいことは山ほどあるけど…。

「いいこと」「悪いこと」、きちんと情報開示して
そして、みんなで考える。
これが大切なのではないかなー。

都合の悪いことは全て隠して、考えさせる。
これって、まったくナンセンス。

原発については、いろいろと利権が多すぎ&巨大きすぎて、
政府(官僚)から、マスコミはもちろん、全ての業種業界に渡っているので、
自分の業界のことを考えてしまうと、誰も、なにひとつ原発に反対できないのが現実です。
唯一、というか「若干」物申すことができるのは「スーパーマーケット業界」くらいだということも聞きました。

だから、自分の業種業界にとって都合の悪いことはひたすら伏せて、
伏せなくても、その情報に極めてアクセスしにくくしているのかなー、というのが
最近のTV・新聞・省庁HP・電力会社HPを見ていての個人的な感想です。

確かに、民間企業であればそういうこと、してしまうことはあるけれど、
逆に言えば、企業活動をしていれば、どうしたってそういう部分があるからこそ、
マスコミなどがきちんとチェックしなくてはいけないのではないか、と思うのです。
気をつけて見ていると、「言わないで」&「書かないで」いることがあまりにもたっくさん。
大マスコミも大企業のひとつではあるけれど、でも、業種の性質からして、
本当はそんなことであってはいけないんじゃないかと…。
理想論ではありますが。

まあ、電力会社なんて、都合の悪いこと表示しておく訳ないけどさ…。
3・11後、消された情報がやたらと多いもん。私でも気づいたゾ。


今回、政府のパブリックコメントにたどり着くまでの大変なこと、大変なこと。
試しにアクセスして、大汗かいて頭にきました。途中で投げ出しそうになったもの。
きっとパブリックコメントして欲しくないんだろうな~、なんて邪推(?)してみたりして…。
そして、こういうことをちゃんとチェックしなくてはならない大マスコミが全然なにも言わないこと。
それに、Y新聞なんて、金曜日の官邸前の抗議集会について、殆ど報じないか、やっと報じても「ちっちゃーく見せて」いるんだよねー。

フェアでなければならないはずの大マスコミが
全然フェアじゃない。


ってのがすごーく頭にくるんです、…ワタクシ。
ちっちゃい子どもじゃあるまいし…。…ったく…。

なので、最近は海外メディアのサイトを不思議な日本語訳(^_^:)で見ることも多くなりました。

「私から見て『官邸はフェアじゃない』」の大きなもうひとつ。
原子力規制委員会の委員長人事。
この方って確か「原子力ムラ」の村長みたいな人。つまり「原発推進派」
この時点で全然フェアじゃない。

この方、日本原子力学会会長や原子力委員会の委員長代理を歴任。
ばっちり、原発推進側のヒト。

委員を務める原子力損害賠償紛争審査会では、
福島第一原発事故の自主避難者への賠償を認める方針に
異議を唱えたというツワモノです。
もちろん、各方面からの批判をモーレツに浴びましたよ。

今回の規制委員会の人事は、「独立性」の名の下に5年間は変えられないんだそうです。
なのに、この人事。委員長くらい、ちゃんと中庸の人を持ってきて欲しいものです。
で、メンバーもちゃんと数を公平に。もちろん、中庸の人も入れて。

ここも、大マスコミはまったく報道せず。

雲

それと。
私が結構感じ入った話題を。

最近、TVで、埼玉県立浦和高校(超~進学校)の校長先生が、3・11後、
50年余にわたって毎年続けていた伊豆弓ヶ浜での臨海学校を中止したことを知りました。

校長先生は、長年お世話になった伊豆の宿や他いろいろな場所へ直接出向き、
きちんと詫びて、説明し、そのとき、自分の名刺を渡したそうです。

その名刺の裏には、ざっと以下のようなことが書かれていました。

「命」より優先されるものはない。
…途中略…
必ず、弓ヶ浜に戻ってきます。

.。o○.。o○.。o○

私も、「命に優先されるものはない」って、同感というか、当たり前だと思っていますが、
最近の各種業界の方々って(政府官僚の皆様も含めて)、
本音の部分ではどう思っているんでしょうかねー。
一度聞いてみたいものです、ハイ。

雲



今回、コメントについては、いただいたとしても、お返事を差し上げない確率が高し、です。
ほんとうにごめんなさい。先に謝っておきます。

…って、こんな「激しい思い込み記事」に対して、コメントくれる方っているんでしょうかねー?

それぞれの価値観・考え方ですし、情報の咀嚼の仕方も違うであろうからです。
自分で考えて、決める、その結果は個人個人で違っていて当たり前です。
その考え(コメント)に対して私がここでいろいろと言うのは違うのかな、と。
ここは、論争の場ではないと考えていますし。

だからもちろん、どう考えていただいてもらってもいいのですが、
あまりにもフェアでない、政府(官僚)・大マスコミのやり方に疑問を感じての記事となりました。
ここまで読んでくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。

でも、フェアってムツカシイ…。
けど、「フェアでありたい」、と頑張るしかないかな…、うん。

楽しく、心穏やかに手仕事を楽しみたいものです。ふぅ。
スポンサーサイト

2012.07.25 Wed 「あ゛づ い゛」です。


あ゛づ い゛です。  ゚~~~(゚ω゚=)~~~゚

まあ、梅雨明けしたし、内陸なので、仕方がないです。
案外、慣れました。

で、いきなりの生活感丸出しの画像。失礼します。


お茶冷やしワザ120725

タローが生まれたときから、冷房使用をやめたので、
毎日大量にお茶を沸かす生活です。

夏場は、多いときで14-16L/日。
少なくても8L/日。

なので、さっさと冷やして冷蔵庫に入れたいのです。

「あちち」のお茶を効率よく冷やす方法、よくママ友に聞かれるので、需要あり?

一般的には、「やかんをちょろちょろと流した水道水に当てておく。」というのが紹介されていますが、
そんなの、「水がもったいないし~」ってな訳で、この方法にたどり着きました。
原理は一緒です。

futaba1

お茶ポットややかん(熱くても全然大丈夫)をお皿やボウルなどにいれて、
びしょびしょの薄手タオルを貼り付ける。
お皿に水を張る。タオルの下部分は水に浸かるようにしておく。
風通しのよいところに放置。
水が少なくなったら補充。
タオルがいつでも塗れているようにしておく。

早ければ3時間ほどで冷蔵庫に入れられます。
室温にもよるけど、5時間ほっておいたら、常温以下になることも。
一番のキモは風通しです。
すごく急ぐときは扇風機の風を当てちゃいます。

「水道水をちょろちょろ当てる」のと同じ原理で「気化熱」利用です。
また、びしょびしょのタオルは「毛細管現象」で下から水を吸い上げます。
先に濡らしてから貼り付けてくださいね。

お茶ポット・やかんのままの「そのまま放置」だと、
なかなか冷えないけど、この方法だとかなり早く冷えます。

「気化熱」って熱を奪う力がすごく強いんです。(特に水)
一番効率がいい。氷水につけるよりも効率がいいです。
ってな訳で、我が家はこの方法です。

ちなみにお茶ポット、本体は熱いの大丈夫なくせに、
蓋は耐熱温度が60度くらいなので、陶器のお皿をかぶせてます。

futaba1


「理科マニアカーチャン」としては、日々の生活のそこら辺に
「理科ワールド」の入口があることを感じてほしいので、
(特に)子どもたちに「押し付け」です~。わはは。
「目指せ、理科嫌い撲滅!」なんつって。(^^)

別に難しい原理なんて知らなくてもいいのだけど、ちょっと知っているとなんか嬉しい、
そんなの私(と私の家族?)、だけ…かな?

waiya-1.jpg


ところで、先週水曜日から、三食作る日々が始まり、ステッチがほとんど捗りません。(T_T)
さらに、おとといから、勉強を 見る 見張る日々が~。
自分で解け!自分で辞書引け!

でも、次回はステッチネタでいきます~♪
頑張るぞ。

2012.07.17 Tue いよいよ夏が来た~汗・汗・汗…


梅雨が明けて、夏が来ました~!

梅雨明け120717

電線だらけでゴメンナサイ。
うちのベランダからの「今さっき」の景色です。
空気が澄んでいるときには、電線の向こうに富士山が小さく見えます。

「梅雨が明けたとみられる。」気象庁発表。
もう、何日も前から「ぎんぎん晴れ」だったから、今更「梅雨明け」と言われてもピンとこない…。

気温もうちに一番近い公式観測点(百葉箱)で「36.3℃」だから、
きっと百葉箱以外では40℃以上はあるかな。吸った空気が肺で熱いです。1年ぶりの感覚。
ちなみに今、室温は約36℃です。エアコン、どうしようかな…。まだ粘るかな…。

雲

私は6歳の頃から、この地域に住んでいるけど、
こんなに暑かった(熱かった)記憶がないです。
「今日は30度を越えたよ、どうりで暑かった訳だねー。」なんて会話をしていた覚えならあります。

亡くなった明治生まれの祖父(江戸っ子)は、今から20年以上前ですら、
「昔(祖父の若い頃)はこんなに暑くなかった。けしからん!!」
と怒っていましたっけ。(短気な江戸っ子そのものだったの…)(^▽^;)

雲

「ウォーターフロント」なんていって、海辺や川辺にどんどん高層建築物が建った頃から暑いような気がします。
海風が入ってこない…。川面を渡る風が流れない…。

なんか、「以前の空気の流れを返してぇ~!」って気分になるけど、
せめて、これから何かを建てるときは、こういったことに気を遣ってほしいなぁ。
実際にそうやって計画しているところもあるみたいだし、不可能ではないはずだよね。うん。

で、関係ないけど、仕付け糸を新しく買いました。

しろも

パッチワーク用の「巻き」のものにしようか迷ったけど、
昔からあるこの形にしました。
1回引っ張れば、1本抜ける。やっぱりものぐさな私にはこれしかありません。Ψ( ̄∇ ̄;)Ψ

ただ、「すーっ」っと抜けるためにひと工夫はしています。
お裁縫をしている方たちには常識だと思いますが…ちょっとだけ。

仕付け糸を布で巻くとき、折り曲げたところから「あっち」と「こっち」の部分を
別々に布(1枚布だけど)で巻いてあります。(一体どういう表現なんだか…)(^▽^;)

まず、片一方を巻いたら、そこへもう一方をのせて(?)巻く。端はずずーっとまつって終了。
断面図はひらがなの「の」の字。って言ったら、わかるでしょうか?
これで、糸が絡まずにストレスフリーで抜けます。

洋ナシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。